初心者でも簡単にアプリをつくれるASPサービスとは?

By - Last updated: 水曜日, 12月 30, 2015

http

2007年にiphoneが登場し、2008年から日本でもiphoneが販売されるようになった事で、最初は一部のAppleファンが飛びついた趣味的な要素の強いデバイスかと思われていましたが、今ではiphoneの登場でandroidのスマートフォンも生まれ、この短い期間で、世の中にはiphoneとandroidのスマートフォンが浸透し、スマートフォンに搭載されているアプリで、世の中は更に便利になっていきました。

インターネットが無かった時代は、何かを調べるにも、図書館に行ったり、詳しい人に聞いたりして、身の回りにそういうツテが無かった場合には、完全に情報から孤立した状態になるのが通常でしたが、インターネットとパソコンの普及で、誰もが様々な情報にアクセス出来るようになり、それが今、スマートフォンの登場で、いつでもパソコンを開かなくても、手元で様々な情報が見られる時代になりました。

スマートフォンの普及によって注目されたのがアプリで、パソコンのソフトウェアと言えばプログラマーなどプログラム知識がある人が作るものという、敷居が高いというイメージがありましたが、スマートフォンに搭載されているアプリは、とても身近な存在であるという事と、アプリを作っているエンジニアも、一昔前のプログラマーというイメージではなく、クリエーターのような華やかなイメージがあるという事もあって、今までプログラムに興味が無かったような人たちまでアプリ開発に興味を持ち始めています。

黄金色の@マーク

ところがいざ、アプリ開発をするとなると、プログラムを勉強しなければいけないという事で、そこがアプリ開発の初心者にはネックになってくるのですが、実は既にアプリ開発をサポートしてくれるサイトがあり、このサイトを活用する事で、自分でプログラミングコードを書かなくても、オリジナルアプリを開発する事が出来るので、初心者でアプリを作りたい人にオススメです。

このアプリ開発をサポートしてくれるサイトの事をASPサービスと呼んでいるのですが、プログラム言語での開発経験が無くても、簡単にアプリ開発が出来てしまうASPサービスは色々あります。

例えば「Yappli」というASPサービスでは、プログラミングが不要で、しかも本格的なアプリ開発が出来るという事で、企業でも活用している会社が多く存在します。(参考:Yappli - ヤプリ - |アプリ開発、制作のASPサービス

メリットとしては、プログラミングの知識が無くても簡単にアプリが作れるというところですが、利用料が最低、月額9,800円(税別)必要になってくるので、素人でも作れるという意味ではオススメですが、金額面では個人で支払うにはハードルが高い気がします。

他にも無料でアプリが作れる「アプリビルダー」や「BRAND」、「JointApps」、ゲーム系アプリの開発が出来る「GameSalad」など、無料でもサービスを提供している会社もありますので、プログラミングの知識でアプリ開発を躊躇していたという人は、是非、この無料アプリ開発のASPサービスを活用してアプリを作ってみましょう!

エンジニアのマウスと眼鏡

2007年にiphoneが登場し、2008年から日本でもiphoneが販売されるようになった事で、最初は一部のAppleファンが飛びついた趣味的な要素の強いデバイスかと思われていましたが、今ではiphoneの登場でandroidのスマートフォンも生まれ、この短い期間で、世の中にはiphoneとandroidのスマートフォンが浸透し、スマートフォンに搭載されているアプリで、世の中は更に便利になっていきました。

インターネットが無かった時代は、何かを調べるにも、図書館に行ったり、詳しい人に聞いたりして、身の回りにそういうツテが無かった場合には、完全に情報から孤立した状態になるのが通常でしたが、インターネットとパソコンの普及で、誰もが様々な情報にアクセス出来るようになり、それが今、スマートフォンの登場で、いつでもパソコンを開かなくても、手元で様々な情報が見られる時代になりました。

スマートフォンの普及によって注目されたのがアプリで、パソコンのソフトウェアと言えばプログラマーなどプログラム知識がある人が作るものという、敷居が高いというイメージがありましたが、スマートフォンに搭載されているアプリは、とても身近な存在であるという事と、アプリを作っているエンジニアも、一昔前のプログラマーというイメージではなく、クリエーターのような華やかなイメージがあるという事もあって、今までプログラムに興味が無かったような人たちまでアプリ開発に興味を持ち始めています。

モニターに映る色々のアプリアイコン

ところがいざ、アプリ開発をするとなると、プログラムを勉強しなければいけないという事で、そこがアプリ開発の初心者にはネックになってくるのですが、実は既にアプリ開発をサポートしてくれるサイトがあり、このサイトを活用する事で、自分でプログラミングコードを書かなくても、オリジナルアプリを開発する事が出来るので、初心者でアプリを作りたい人にオススメです。

このアプリ開発をサポートしてくれるサイトの事をASPサービスと呼んでいるのですが、プログラム言語での開発経験が無くても、簡単にアプリ開発が出来てしまうASPサービスは色々あります。

例えば「Yappli」というASPサービスでは、プログラミングが不要で、しかも本格的なアプリ開発が出来るという事で、企業でも活用している会社が多く存在します。

メリットとしては、プログラミングの知識が無くても簡単にアプリが作れるというところですが、利用料が最低、月額9,800円(税別)必要になってくるので、素人でも作れるという意味ではオススメですが、金額面では個人で支払うにはハードルが高い気がします。

他にも無料でアプリが作れる「アプリビルダー」や「BRAND」、「JointApps」、ゲーム系アプリの開発が出来る「GameSalad」など、無料でもサービスを提供している会社もありますので、プログラミングの知識でアプリ開発を躊躇していたという人は、是非、この無料アプリ開発のASPサービスを活用してアプリを作ってみましょう!

仕事中の机の上にはノートが何冊も置いている



Filed in サービス •

初心者がandroidアプリを開発する方法

By - Last updated: 水曜日, 12月 30, 2015

作業中の経験のあるプログラマー

アプリ開発の経験の無い方がこれからandroidアプリを開発しようと考えた場合、android StudioやEclipseという開発環境を利用してアプリ開発をするのですが、以前はandroidアプリの開発といえばEclipseでしたが、最近ではGoogle公式のandroid Studioで開発する人が増えてきています。

Eclipse に関してはGoogleも公式に開発のサポートを打ち切る事を表明しているので、これからandroidアプリ開発を始める方はandroid Studioを使うのがベストです。

ですので、これからandroidアプリを開発するという人には、まずはandroid StudioをインストールしたWindowsパソコンとiphone ではなく、androidのスマートフォンを用意する必要があります。

そして次に必要となるのが開発ツールとGoogleアカウントになりますが、これらが揃う事で、androidアプリを行うことが出来るようになります。

そしてアプリを作った後、実際の動作確認テストでは、androidのスマートフォンを使いますが、実機を使わなくても、Windowsのパソコン上でandroid端末を再現できる、「エミュレータ」と呼ばれるツールでも動作は確認出来ますが、カメラなど、やはり実際のandroidのスマートフォンとは違うので、アプリを起動させるandroidのスマートフォンでテストを行うことが確実です。

ノートパソコンと仕事に必要なもの

次にGoogleアカウントに関しては、Gmailの登録で大丈夫ですが、個人でリリースされる際は、Googleのdeveloperへ登録が必要となりますので、登録費として25$(約3,000円程度)が必要となります。

このdeveloper登録は、一度登録をすれば半永久的にリリースが可能なので、アプリをリリースする際には事前にGmailアカウント用意し、無ければ作成してください。

初心者がandroid開発を学ぶためには、本を買ったりネットで調べたりして、独学でプログラムなどを学ぶ方法と、アプリのプログラムを教えてくれるITスクールへ通う方法がありますが、まずは独学でチャレンジしてみて、一定期間でなかなか覚えられないという場合には、スクールを検討するのも一つの手だと思います。

スクールに通うことで、同じ志の仲間と出会えたりすることで、プログラマーやアプリエンジニアの人脈も生まれますし、講師からわからない事を直に教えてもらえるので、勉強が上手く進まないという方にはスクールに通うことをオススメします。

そして次に実際のアプリ開発なのですが、まずは初めてなので「写経」と呼ばれる手法なのですが、書籍やテキストに書かれているソースコードを規定の位置にコピー・ペーストし、きちんと動作が行われるかをチェックします。

初めてプログラムを組む場合は、android Javaという言語を使用しますが、まずこの「写経」を行い、既にあるソースコードを入力し、プログラムと実際の動作を体で覚えるという事が、androidアプリ開発を覚えるのに重要です。

どんどん「写経」をしながらアプリ開発にチャレンジしてみましょう!

黒板に書いているテスト



Filed in 開発方法 •

初心者がiphoneアプリを開発する方法

By - Last updated: 火曜日, 12月 29, 2015

セキュリティ対策が大切

全くに初心者がiphoneアプリを開発しようと考えた場合、まずはどういう環境で何を揃えなければいけないかなど、わからない事だらけだと思います。

iphoneアプリ開発する際に、当然パソコンを使ってプログラミングをしますが、その際に使用するパソコンとしては、Apple社が出しているMacと、Windowsパソコンがありますが、iphoneアプリの開発にはMacは必須で、同様にiPadやiPod向けのアプリ開発に関しても、開発環境としてはMacとなります。

簡単なアプリであればWindowsでも作る方法があるのですが、やはりMacでiphoneの機能を活用したアプリを作った方が、Codaというテキストエディタ、BetterTouchTool、Sequel Pro、Transmitなどのアプリが使える為、やはりAppleのiphoneアプリを作るには、Macが開発環境としては間違いないと思います。

iphoneアプリの開発に必要なXCodeというアプリがMacでしか動かないので、もしiphoneアプリの開発を考えている人で、Macを持っていない方は、まずはMacを揃えるところから始まります。

そしてアプリの動作テストも行うとなれば、当然iphoneも必要になりますので、スマートフォンはandroidでパソコンはWindowsを使っているという人は、Macとiphone両方を揃えなければいけません。

リスクを回避するにはセキュリティの強化が必要

環境が整ったら実際の開発の話なのですが、基本的にiphoneアプリの開発に必要なプログラム言語はObjective-CかSwiftという言語になるのですが、初心者で、
これからiphoneアプリの開発を始める人という人はSwiftで開発する事をオススメします。

そしていきなりプログラム未経験者がプログラムを勉強しろと言われても、なかなか短期間では身につかないと思いますので、最初に練習でプログラムを覚えるのであれば、練習用のプログラグを実際に書いてみて、それが動くということ体験する事が重要です。

自分の書いたプログラムがアプリとして動いたという感動を覚える事がとにかく重要で、プログラムの中身は理解していなくてもいいので、わからなくても書いたコードが動く、これを感じることが重要なので、Swiftの入門書などの本を購入し、プログラムの練習を行ってみるというのも良いかもしれません。

後はなかなか一人で勉強していても身につかないという方にオススメなのがアプリの勉強会です。

一緒にアプリを学べる仲間とわからない事を聞き合ったり刺激を受ける事で、覚えるスピードも格段に変わりますし、ネットでわからない事を調べる方法など、役に立つ情報も、生きた情報として手に入るのでオススメです。

初心者の方がいきなりオリジナルでアプリを作るのはハードルが高いので、まずは既存アプリの作り方をネットで検索し、作り方を見ながらでも自分で作ってみる。

これが、初心者がiphoneアプリ開発する一番の近道です。

スマートフォンに移すアットマーク

Filed in 開発方法 •

初心者が学ぶべきアプリ開発言語は?

By - Last updated: 月曜日, 12月 28, 2015

アプリケーション開発について話す2人

アプリを開発する際に必要となる言語は、iphoneアプリ、androidアプリでそれぞれ異なりますが、iphoneアプリの場合はObjective-C、Swift、androidアプリの場合には、android Javaという開発言語で開発をしなければいけません。

既にJavaやC言語を学んでいた人であればObjective-Cやandroid Javaも覚えやすいのですが、全くプログラムの知識がなくて、これから初心者でアプリ開発をしたいとなった場合、今一番オススメなのが、Appleが2014年の6月に発表した新言語Swiftです。

Swift勉強するべき理由としては、プログラム初心者にとって学びやすい構造にあります。

Objective-Cと比較しても、Objective-Cでは厳密だった型の宣言やメソッドの定義が緩和され、コードの作成が簡単という意味では、スクリプト言語に近い仕様なのも、初心者が学びやすく、初心者がこれから覚えるにはうってつけのアプリ開発言語です。

また、Swiftが発表されたのも2014年の6月と比較的最近というのもあり、Swiftで作られたプログラムもまだそう多くはありません。

まだ新しい言語という事もあり、プログラム経験の長い人でもSwiftに関しては初心者なので、今からでもSwift言語を短期間でマスターしてしまえば、Swift言語の第一人者として、他のプログラマーとの差別化にもなりますし、古い言語よりも当然新しい言語の方が将来性もあるので、古い言語で経験者と戦うよりも、新しい言語の方がオススメです。

しかもSwiftの凄いところはその互換性で、従来のObjective-CやC言語とも共存が可能です。

アプリケーションで繋がる人々のソーシャルネットワーク

そしてアプリを動かすのにSwiftの処理能力はObjective-CやPythonを大きく上回り、Swiftで書いたコードはXcode内の機能であるPlaygroundsに即座に表示出来るので、動作確認やデバッグの確認も楽で、テストにかかる工数も大幅に削減することが出来るのです。

更にSwiftにはメモリの自動管理や安全性の低いコードの排除等、デベロッパーの負担を軽減する配慮が随所に盛り込まれていることも、Swift言語でアプリのプログラムを組むメリットで、本当に優位性の高い言語と言えます。

Swiftの動作環境がApple製のOSに限定されますが、iphoneアプリを開発する為のObjective-C言語が難しくてiphoneアプリを開発出来なかったというエンジニアも多かったので、今回、Swift言語が出てきた事で、Swiftを学び始めたエンジニアも増えています。

今回はiphoneアプリの開発が今までのObjective-C言語よりも取っつきやすいSwiftでの開発がオススメというテーマでご紹介しましたが、androidアプリについても、初心者が始める場合に学ばなければいけないのがandroid Javaという言語なので、Javaについて学ぶ必要があります。

そして開発環境に関してはandroid StudioやEclipseを使用するので、android Java 、android StudioやEclipseについて学ぶことで、androidアプリにチャレンジすることが出来ます。

アプリケーションの様々の面白いアイコン



Filed in 開発言語 •

初心者がアプリ開発する為に必要な準備と開発出来るようになるまでの期間は?

By - Last updated: 土曜日, 12月 26, 2015

アプリケーションの色々のアイコンで作られた関係図

パソコンが急激に普及していた時代にWebサイトを作る人たちが増えたように、近年、スマートフォンの普及にともなって、アプリを作る人が増えてきています。

もしこれから初心者でアプリ開発をしようと考えた場合、一体何を準備する必要があるんでしょうか?
また、開発出来るようになるまでにどれ位の期間がかかるのでしょうか?

全くプログラミングに関する知識が無い人がいきなりアプリ開発を行うとなれば、最初に必要な準備はプログラムの知識の勉強が必要となります。

そしてアプリ開発の経験は初心者でも、プログラミング経験やWebサイトの制作経験があれば、意外に簡単にアプリが自分でも作れますので、これからアプリ開発にチャレンジしたいという人は是非読んでみて下さい。

まず初めにアプリの開発を始めるには、アプリ開発に必要な情報の検索や情報収集をしなければいけません。

次に必要な準備としては、どんなアプリを作るかアプリの企画とスケジューリングを行います。

そしてPhotoshopを使ってアプリに使うロゴや画像をデザインしなければいけません。
そこで必要となる素材は、アプリ内の画像だけでなく、アイコンやApp Store、GooglePlayのカタログに並ぶ画像も必要となります。

たくさんのアプリアイコンを触る手

次にここからはアプリのプログラミングで、全くプログラム知識がない人の場合は、HTML、CSS、JavaScriptの基礎知識位は必要な準備として、ネットで調べたり、専門の本を買うなどして勉強が必要となります。

プログラムはiphoneアプリ、androidアプリでそれぞれネイティブ言語と呼ばれるObjective-C、Swift、android Javaなどで組まなければいけないのですが、既にHTML、CSS、JavaScriptのプログラム知識のある人であれば、HTML5ハイブリッドアプリ開発プラットフォームの「Monaca」がオススメです。

「Monaca」の場合、ブラウザ上でHTML、CSS、JavaScriptの開発が出来るので、Webサイトを作るみたいな感覚でアプリを作れるので、アプリ開発は未経験でもWebサイトが作ったことがある人であれば、「Monaca」を使って簡単にアプリを作ることができます。

そして開発したプログラムは、iphoneアプリの場合、アプリとしてiphoneへインストールする為にiOS Developer Programへの登録が必要で、年間8,400円で登録をすることが出来ます。

そしてiOS Developer Programに登録後は、実際のプログラムをiphoneにインストールするんですが、その為にアプリの形にすることをビルドと言い、App Storeにアップする前に、自分のiphone用にビルドして動作確認が必要となります。

そして最後はApp Storeでリリースとなりますが、作ったアプリをAppleへ審査申請しアプリのアップロードを行います。

その後1週間程度で審査が通るとApp Storeに並ぶので、アプリ開発は未経験でも、Webサイトを作れる位の知識があれば、1ケ月もかからないで初心者でもアプリを作れるのです。

アプリのマークで作られたアイコン木



Filed in 開発期間 •